1. ホーム
  2. wimax
  3. ≫【WiMAXおすすめ端末】Speed Wi-Fi NEXT WX03

【WiMAXおすすめ端末】Speed Wi-Fi NEXT WX03

WX03のおすすめポイント

wx03

モバイルルーター最速!下り最大440Mbps高速通信を実現

WiMAXルーターを含むモバイルWi-Fiルーター全体の最大通信速度で最速です。

WX03にはCA(キャリアアグリゲーション)と4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)技術が使われています。
CAとは、複数の周波数帯を同時に使用することで通信速度の向上や安定した高速通信を実現する通信技術で、現行機種では370Mbpsで最速のファーウェイ製のW03にCAが使われています。
4×4MIMOは基地局と端末にそれぞれ4つのアンテナを利用、同じ周波数の電波で複数のデータを送受信するシステムで、220Mbpsのルーターに使われています。

つまり、220Mbpsの電波を複数同時に使用することで2倍の440Mbpsを実現したと言えば分かりやすいでしょうか?
さらに上り最大も従来の機種は10MbpsでしたがCA技術を取り入れ30Mbpsと約3倍にアップしています。

電池持ちがアップ!電池切れ対策もバッチリ!

2,890mAhの大容量バッテリーを搭載し、無駄遣いを抑えるため60分経過後に強制的に自動休止する切り忘れ防止タイマーやバッテリー容量の低下をスマホでお知らせする機能も搭載しています。

宅内でも繋がりやすいクレードル

別売りのクレードルに装着することで3直交偏波アンテナに変化。宅内での電波の受信が不安定というWiMAXの弱点をフォローしてくれます。

WX03スペック

製造元 NECプラットフォームズ株式会社
質量 約110g
外形寸法(mm) W99×H62×D13.2
バッテリー使用時間 【連続通信(Wi-Fi接続時)】WiMAX2+(ハイパフォーマンスモード※1)約440分 WiMAX2+(エコモード※2):約740分 ノーマルモード:約600分
【連続待受】休止状態:1,100時間(リモート起動有) ウェイティング:45時間
対応OS WindowsⓇ 10
WindowsⓇ 8.1
WindowsⓇ 7(SP1 以降)の日本語版かつ32bit(x86)版、または64bit(x64)版
Windows VistaⓇ(SP2以降)の日本語版かつ32bit(x86)版
Mac OS X v10.6(Intel)、v10.5(Intel)
Mac OS X v10.12(Intel)、v10.11(Intel)、v10.10(Intel)、v10.9(Intel)、v10.8(Intel)、v10.7(Intel)の日本語版

※1.下り最大速度は、提供エリアの対応状況によって440Mbps、220Mbps、110Mbpsとなります。実際の通信速度は通信環境やネットワークの混雑状況などに応じて低下します。
※2.動作時間は使用環境により異なります。

まとめ

従来のWXシリーズの機種にはなかったタッチパネルを取り入れるなど操作性も大幅アップした他、通信モードは縮小しつつある旧WiMAXモードをオミットしハイスピードモード(WiMAX2+)1本に絞ったWX03。
WiMAX技術の集大成であるとともに新たなWiMAX端末の可能性を示してくれそうです。

こちらの記事も合わせてどうぞ