wimaxおすすめの料金プラン・プロバイダ・機種

WiMAXは、面倒な手続きや工事がいりませんし、家でも外でも気軽に使えてとても便利です。しかし実際に購入しようと思うと、多くの方が、

  • どの料金プランにすればいいんだろう…
  • 機種がいっぱいあってどれにすればいいのかわからない…

といった状況に陥ります。

最近は、携帯電話を筆頭に、モバイル系の商品を購入しようとすると、選択肢が多すぎてどれを選んでいいのかわからなくなります。

当サイトでは、WiMAXを検討されている方が、一番お得にWiMAXを購入するための方法を解説していきますので、WiMAXを買おうかどうか考えている方は参考にしてみてください。

WiMAXの回線は2種類

まず最初に、WiMAXの回線の種類をおさえておきましょう。
WiMAXの回線には、

  • WiMAX
  • WiMAX2+(ワイマックスツープラス)

という2種類の回線があります。

WiMAXのサービスが始まった当初はWiMAXという下り最大110Mbpsの回線でした。
その後WiMAXの4倍の速度を誇るWiMAX2+のサービスが始まり、現在WiMAXからWiMAX2+への移行途中ですが、メインはすでにWiMAX2+となっています。
(例えば、すでにWiMAXしか使えない端末はなく、逆にWiMAX2+しか使えない端末が増えています)

WiMAX2+には通信制限がある

WiMAXには通信制限はなく使い放題ですが、WiMAX2+には通信制限があります。

具体的には、月間7GBを超えた場合、また3日間で10GBを超えた場合に通信制限がかかり、速度が低下します。
(制限がかかっても1Mbpsの速度は出るので、例えばyoutubeの標準画質の動画なら何の支障もなく視聴できます)

WiMAX2+おすすめ料金プラン

WiMAXを選ぶ際、まず一番最初に決めなければならない事は、料金プランです。料金プランを選択する場合基本となるのはネットの使用頻度です。

ネットの使用頻度の目安としては、「基本的にメールのチェックやネットサーフィン程度のライトユーザー」と「動画を見たりオンラインゲームをするヘビーユーザー」の2つのうち、自分はどちらに該当するかをまず考えましょう。

2種類の料金プラン

以下がWiMAX2+の2つの料金プランです。

プラン名 月額料金 通信制限
通常プラン
3,696円
7GB/月、10GB/3日間
ギガ放題プラン
4,380円
月間無制限、10GB/3日間

まず通常プランですが、料金は3000円代でお得感があります。しかし、月に7GBの通信制限があるのがネックですね。ただ、本当にネットをあまり使わない方であれば、月額料金が安いこちらの通常プランでも問題ないと思います。

もう1つのプランは、月間の通信制限がない「ギガ放題」というプランです。この通信制限がないという事がどれだけメリットがあるのか、これを説明していきます。

おすすめは「ギガ放題」

スマートフォンで通信制限に引っかかったことのある方であれば良くお分かりだと思いますが、月間7GBという通信量は意外と簡単に使ってしまいます。
例えば、Youtubeなどの動画を高画質で視聴したり、頻繁にオンラインゲームなどをやったりしてるとすぐに通信制限に引っかかります。

とくに最近の動画は高画質のものが多くなってきているので、ちょっと視聴するだけでもすぐに1GB位の通信量を使ってしまいます。今後は、4Kなどより高画質化が進むため、さらに通信量を使う事が予想されます。

ですので、普段ネットを使う方からヘビーユーザーの方は、通信量が「無制限」であるギガ放題がお勧めです。せっかくネットを使える環境なのに、通信制限にビクビクしながら使うのはストレスですよね。

■コラム:3日間10GBの通信制限
WiMAX2+には3日間で10GBという通信制限がありますが、もし制限にひっかかったとしても、速度制限が実施されるのは、翌日の18:00pmから翌々日の2:00amまでです。
すなわち、昼間はまったく制限がかからないということですね。

また、そもそも3日間で10GB使うこと自体が、まずレアケースです。
3日間ぶっ通しで高画質の動画を見るといった普通ではない使い方をしない限り、まず3日間で10GBを使うことは逆に困難です。

これを考えると、WiMAX2+には通信制限はありますが、事実上「限りなく無制限に近い」と言えます。

WiMAXおすすめプロバイダー

さて、料金プランが決まったところで、次に進みましょう。プロバイダーを決める作業です。

WiMAXは、UQコミュニケーションズという会社が、UQ WiMAXというブランドで提供しているモバイルインターネット回線です。
UQコミュニケーションズは、その回線をプロバイダー各社に卸して、プロバイダーが自身のブランドを付けて販売しています。
一見UQWiMAXと契約をするのが一番お得なのかな?と思いがちですが、実はそうではありません。

プロバイダー各社は自社で契約をしてもらいたいので、様々なキャンペーンや割引などを展開しています。
そのため、UQコミュニケーションズと直接契約するよりも有利な内容となっています。

プロバイダーを選ぶポイント

さて、複雑な迷路のように分りにくい各社プロバイダーの中から、自分にあったプロバイダーを見つける時には、以下の4つのポイントがとても重要になります。

  • 月額料金
  • 初期費用
  • 端末代金
  • 解約手続き

1.月額料金
これはこの4つのポイントの中でも一番大切なポイントです。月額料金は、毎月の支払いなので、できるだけ安く抑えたいところです。この月額料金はプロバイダーによって違うので、下記の比較表を参考にしてみてください。

2.初期費用
初期費用は一度きりの支払いですが、最初にあまり高い金額を支払わなければならないとなると、購入自体を躊躇してしまいますよね。こちらもプロバイダーによって金額が異なるので、下記の表を参考にしてください。

3.端末代金
最近では端末代金無料と言うところも増えてきていますが、最新機種などの場合、無料でないところもまだ結構あるので、できるだけ安く抑えたいですね。

4.解約手続き
契約する時には蔑ろにされる場合が多いのですが、実は解約の手続きが複雑なプロバイダーが結構あります。解約を複雑にすることによって、解約させないようにしてるんですね。気を付けましょう。

■コラム:wimaxの速度はどこも同じ

WiMAXのプロバイダーを選ぶ際に「通信速度」の速いところがいいと言う声をたまに聞きます。しかし、WiMAXを扱っている全てのプロバイダーは、全てUQ WiMAXの回線を使用しているので、通信速度はどこのプロバイダーでも全く同じです。

WiMAXプロバイダー比較表

WiMAXには20社以上のプロバイダーが存在します。その中でお得な3社をピックアップしてみました。

プロバイダー
Broad WiMAX
so-net WiMAX
nifty
月額料金
(ギガ放題)
3,411円
4,180円
4,350円
キャンペーン内容
初期費用無料
(18,857円分)
最大20,000円
キャッシュバック
最大20,100円
キャッシュバック
キャンペーン
適用時期
契約時
15か月後
12か月後
端末代金
無料
無料
1円
端末発送日
最短当日発送
4~7日
最短4日
解約方法
毎月25日までにオンライン・電話で即月解約。
オンライン「So-net WiMAX2+解約ページ」で手続き。月末解約
オンラインで即日解約。解約月の月額料金割引はない。

WiMAXキャンペーンに関する落とし穴

プロバイダー各社が様々なキャンペーンを行っています。キャンペーン特典の中でも高額なキャッシュバック金額が大体的に宣伝されていますね。

キャッシュバックと聞くと、お金がすぐに戻ってくると思ってしまいがちですが、実は契約してから実際にお金が手に入るまで、およそ1年間かかります。しかも、実際にキャッシュバックを受け取っている人の割合は2割程度しかいないと言われています。

なぜ残りの8割の人はキャッシュバックを受け取れていないのでしょう?
その答えは、キャッシュバックをもらう方法が複雑だからです。
プロバイダーの立場からすると、できればキャッシュバックを払いたくないのが本音です。

そこで、以下のような方法を用いることによってキャッシュバックさせるのを難しくしています。

1.キャッシュバックの時期をおよそ1年後にする
2.キャッシュバックの通知をプロバイダーが提供するメールアカウントに送る
3.通知を送って1か月以内に返答がなければキャッシュバックは受け取れない

まとめ

WiMAXの回線自体はどのプロバイダーで契約しても同じですから、プロバイダーを選ぶ基準はただひとつ、どこが一番安いかということです。

本当にもらえるかどうか微妙なキャッシュバックをあてにするのではなく、確実に月額料金が安いBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXの公式サイトはこちら ⇒ https://wimax-broad.jp

WiMAXおすすめルーター

現在、おすすめのデータ端末(機種)は以下のとおりです。

Speed Wi-Fi NEXT WiMAX2+ W04

モバイルで最速の下り最大440Mbpsという爆速端末です。

スマホはもちろん、ポケットwifi等よりも格段に速く、スピードで負けるのはフレッツ光等の光回線だけです。

また、このw04は、ハイスピードアンドエリアモード対応の端末で、au 4G LTEオプションが使えます。
すなわち、WiMAX2+対応エリアに加えて、au 4G LTEエリアでも通信可能だということです。

ただし、au 4G LTEオプションは月額1005円かかります。
auの携帯電話ユーザーであれば、auスマートバリューmineが適用になり、この1005円も無料となるので、この端末はauユーザーには特におすすめです。

その他の特徴としては、専用アプリを使ってスマホでW04の電波強度を確認できたり、各種設定ができたりと便利な機能があります。

Speed Wi-Fi NEXT WiMAX2+ WX03

wx03

WiMAX端末で、w04同様下り最大440Mbpsと爆速なのがwx03です。

ただし、w04はau 4G LTE回線も同時に使うことで440Mbpsを実現していますが、wx03は純粋にWiMAX2+だけでそれを実現しています。

これは、au 4G LTEオプションを使う必要がない(オプション代金1005円を払う必要がない)ことを意味しています。

ですから、au以外の携帯電話ユーザーでも、追加料金なしに440Mbpsの通信を楽しむことができるということです。

その他、大容量バッテリー(2,890mAh)と省電力機能により通信可能時間が長いことも、wx03の大きな特長のひとつです。

WiMAXのおすすめ端末公式ページはこちら

【参考】クレードルやUSBケーブルは必要なのか?

クルードル

クレードルって何?という方もいらっしゃると思います。クレードルとは、WiMAXなどの端末を置く(クレードルについている端子に差し込む)だけで充電できるものです。

あれば便利ですが、とくになくても不便ではありません。実際にスマホを充電するときは、スマホに直接ケーブルを差し込んで充電していると思います。それで今まで不便を感じたことがある人の方が少ないでしょう。

それと同じで、モバイルルーターも端末に直接ケーブルを差し込んで充電できるので、とくに必要がなければわざわざお金を払って購入する必要はないでしょう。

スタンドとして使いたいなど、なにかしら特別な理由で必要になる場合はAmazonなどオンライショップで購入する事ができます。価格も安く買えるので、必要になったらオンラインショップで購入することをお勧めします。

USBケーブルに関してもクレードル同様、あえてここでUSBケーブルを購入する必要はないと思います。家に何かしらのUSBのケーブルをお持ちであればそれで事足りてしまいますからね。